在宅医療の種類

在宅医療といってもそのサービスの内容は様々な物があります。
寝たきりの人にとっては歯科医院へ通院する事も困難である事の一つです。
そのような場合には訪問歯科診療といって自宅だけにとどまらず、施設や病院まで歯科医師が訪問し歯科診療を行ってくれるサービスまでもあるのです。
このほかにも訪問看護といって障害や病気を持ちながら自宅にて生活を続けている人に看護師や保険氏が訪問して、必要な看護を行ってくれるサービスがあります。
自宅にいながらにして療養上のアドバイスしてもらい、機能訓練などを行う事ができます。
ホームヘルプサービスとの呼び方もある訪問介護は、自宅にいながら介護が必要な人に対して介護福祉士といった介護に従ずる職員が訪問し、日常生活の世話を行います。
排泄や食事、入浴の介助や、掃除、洗濯、調理などの家事援助を行っていきます。
訪問薬剤師指導などもあります。医師などの指示によって薬剤師が患者の自宅を訪問し、薬の提供やその服用の指導を行っていくのです。
配色サービスといって患者の自宅まで食事を届けるサービスもあります。
そのまま食べることの出来る弁当、冷凍食品などで解凍して食べることの出来るものが主となっています。

在宅医療には、このように非常に多くの種類があり、在宅医療を活用することで自宅での療養生活をより充実したものに出来るのです。
それぞれの特性を理解し、自分に必要な在宅医療サービスを受けると良いと言えます。