ピックアップ

在宅医療の現状

在宅医療は病院での入院、外来の続く第三の医療として注目が集まっています。より患者の療養にとって良い環境を提供するために、患者自身が一番落ち着ける自宅での療養を可能にしているのが在宅医療なのです。

» readmore

入院、外来との違い

急な病気などの場合は、外来や、入院が必要となる場合がほとんどですが、その症状が安定期に入っているのならば病院ではなく、在宅医療を利用するほうが良い場合もあるのです。

» readmore

在宅医療を選ぶ訳

患者にとって病院で療養するよりは、自分がもっとも落ち着くことの出来る、住み慣れた自宅などで療養をするほうが良いのです。そのため、患者自身が進んで在宅医療を希望する場合が多いです。

» readmore

在宅医療の種類

在宅医療の種類は豊富にあり、自宅での療養をする患者の私生活に対して様々なアプローチを行っています。診療や介護までを自宅にいながらにして行えるのは患者にとっては幸せなことです。

» readmore

在宅治療

外来、入院の医療以外のもう一つの医療として在宅医療があります。
入院が長くなり、家に帰りたいといったことや、何らかの問題によって通院が難しい人などにはうってつけの医療が在宅医療なのです。
定期的な通院が必要なのにも関わらず、何らかの理由で通院が困難な人に対して、反対に医師が自宅まで訪問し診療を行ってくれるのです。
また多くの人にとって、病院へ入院するといったこと事態に抵抗がある場合は多いといえます。
できることならば、入院は避けたいと思うのが自然なことなのです。家族と共に、長年住み慣れた自宅で療養したいといった気持ちは誰もが持っているものです。
このような入院する事で起こるデメリットを在宅医療は解決してくれるのです。
しかし、普段の生活に満足していても突然自分の身に何かあったときにはとても不安は大きいです。
在宅医療は、月2回の訪問診療を原則として行っています。
この訪問診療の際に、病気の処方や採血などの検査、注射や点滴などの処置を必要に応じて行っていきます。
急な容態の悪化にも、365日24時間いつでも緊急対応してくれるので安心です。

在宅医療では、ケアマネージャー、介護士、看護師などの各種療法士とケアマネージャーなどが一丸となって患者の生活をサポートします。
病院でも数多くのスタッフが患者のサポートを行っているように、在宅医療でも数多くのサポート体制が整っているので安心して利用することが出来るのです。

オススメリンク

  • 免疫療法

    実績のあるクリニックを調べることができます。免疫療法で治療内容について知りたいならここを見てみるといいでしょう。